studio-1004158_640


こんにちは、Heart Beatzです。


komatta_man2      


     「FL STUDIOの購入を検討しているけど
      ちょっと迷ってる」





本記事では、こういった方に向けて「FL STUDIO」を3ヶ月使ってみての感想を
紹介したいと思います。



本記事を書いている僕は、FL STUDIOでトラップビートを趣味で制作しています。
Youtube、Instagramで発信しています!




▷目次
1.FL STUDIOとは
2.FL STUDIOを使ってみた感想





1.FL STUDIOとは?


FL STUDIOというのは、音楽を制作するソフト(DAW)の一つです。
海外で使っている人が多い音楽制作ソフトです。

詳しいことは下記の記事に書いてあるので気になった方はチェックお願いします↓







2.FL STUDIOを使ってみた感想


僕のFL STUDIOの使用歴は3ヶ月程度。

他の音楽制作ソフトの使用歴はGarageBandを少し触った程度です。

僕は、FL STUDIO 20 Signatureを購入して使っています。




実際に使ってみた最初の感想は

・見た目がかっこいい
・ドラムの打ち込みが自分の感覚で出来る
・ソフト内蔵のプラグインが良い
・外部の音源をドラック&ドロップで取り込むことができる
・音楽理論をわかっていなくても「Scale highlighting」というシステムを
使えばメロディが作れる
・ソフト自体の起動が早い(個人的な感想)

こんな感じですかね。



・ドラムの打ち込みが感覚で出来る
0028bfd6
この上記の画像の「ステップ・シーケンサー」を使えば簡単に
ドラムパターンの打ち込みができます!



・ソフト内蔵のプラグインが良い

僕が今現在、メロディで使うシンセ、リバーブなどのエフェクトもほとんど
FL STUDIO内蔵の物を使っていて不満に思ったことがあまり無いからです。




・外部の音源をドラック&ドロップで取り込むことができる

言葉の通り、ドラック&ドロップで外部の音源を取り込むことができるので
めちゃくちゃ使いやすいです!



・音楽理論をわかっていなくても「Scale highlighting」というシステムを
使えばメロディが作れる


このシステムが神すぎて、音楽理論を分かっていない僕は
毎回メロディを作るときに「Scale highlighting」を使っています。

下の動画の56秒ぐらいから出てくるのが、Scale highlightingというシステムです。







FL STUDIOを使いたいと思った方は下記のリンクからどうぞ!





というわけで本記事では、僕がFL STUDIOを使ってみた感想を紹介しました。

僕はFL STUIOを使ってトラップビートを趣味で制作しています!
良かったら下記リンクからチェックお願いします!
ではまた!!








                                               スポンサードリンク